日本ではピルを使っている方がとても少ないですが、ピルを使ってみたいと思う方は意外と多いのではないでしょうか。ピルにもいろいろな種類がありますのでどれが良いか迷うわという方にぜひお勧めしたいのが「トリキュラー」です。

トリキュラーの画像

子供ができないようにするには、オギノ式よりもピルを

男女関係からどうしても避けられないのが、性交渉でしょう。これはお互いの気持ちを確かめ合ったり、相性を知るためにもとても大切な行為になります。ですから、そういった関係になるのは自然なことなのです。ただ、性交渉をすれば妊娠をしてしまうこともあります。それが将来を考えている関係であればいいのですが、そうでないと困ってしまうものです。妊娠をしてしまわないようにするためにも避妊をする必要があるのです。

子供ができないように男性がコンドームをつけたり、女性が器具などをつけたり、生理周期を利用して妊娠を避けるオギノ式などを実践することもありますが、最近では避妊薬を飲むという方法も知られるようになりました。基礎体温を測ったりしながら、排卵日を知って性交渉を調節していくというのは費用がかからないので手軽ではあるのですが、失敗する可能性もあります。そうなると、成功率の高い方法としては経口避妊薬であるピルを服用するというほうがいいでしょう。

ピルというのは女性ホルモンが入っている錠剤の薬を毎日飲むことによって、女性の体内のホルモンバランスを整えます。生理周期を28日にすることができるので、生理が順調にくることになります。ホルモンバランスを妊娠しているときのようにすることができるので、排卵を抑えることができるのです。排卵されないので、受精をすることもなく、妊娠をするということもないというわけなのです。

ピルの服用でほぼ完ぺきに近い成功率であるので、女性の側でも安心して性交渉をすることができるのです。ピルは1か月あたりの費用が3千円くらいかかるのですが、それでも望まない妊娠をしないようにするためには最適な避妊法なのです。